やっぱり残しておきたい結婚式のメモリアル

23 2月

結婚式なんて、本当にいらない?

最近は、結婚式や披露宴への考え方が大変多様化しています。結婚式のスタイルがあまりに多すぎて、普通の結婚式とという概念がわかりづらくなっていますよね。そして、そんな中で挙式なしというカップルが増えているのも、新しい傾向といえます。挙式なしを選ぶカップルの理由は、多忙や経済的問題、ただ面倒くさいなどいろいろです。もちろん、結婚式のあるなしが、結婚生活に直接影響があるわけではありませんが、結婚したんだねっと実感することがふたりの絆を深めるためにまったく無意味とも考えにくいのではないでしょうか。

できるなら二人だけでも結婚式を

結婚式なしを決める前に、二人だけの結婚式を考えてみてはいかがでしょうか。多忙を理由にナシ婚を選んだ場合は、準備期間や式そのもの時間の短さなど、忙しくても調整しやすい条件がそろっています。経済的事情の場合は、豪華な衣装を選んだり、さまざまなオプションをつけたりしなければ、かなりリーズナブルに行えるところもあります。また、結婚式で面倒なことの代表とされる、招待客のリストづくりや招待状の発送、引き出物選びなどの手間がなく、ふたりのペースですべて進められます。

それでも難しければ、写真だけでも

二人だけの結婚式だからといって、結婚式場などのスタッフや、神父さんや神主さんが手を抜くというようなことはありません。それぞれの場にあわせた厳かな雰囲気で挙式できます。結婚式場などのプランでは、専門のカメラマンがついていることが多いので、別に写真撮影を考える必要もありません。教会や神社などに直に交渉して行う時は、写真はついていないこともあるので確認が必要です。挙式がどうしても嫌な時には、フォトウェディングという選択肢もあるので、ふたりの思い出を、是非形に残す方法を考えてみてください。

越谷の結婚式場には、数々の経験を積んだスタッフが在籍しており、きめ細やかな対応を期待することが出来ます。