お金だけで考えたくない!結婚式を行なう意義

20 2月

伴侶の意見を尊重する事が大切

単純にお金の問題を考えれば結婚式は行わない方が新婚生活の資金が貯まります。しかし結婚式は多くの女性にとって憧れでもありますから、奥さんとなる人が挙式を希望している場合叶えてあげるようにしましょう。一生に一度の事ですし、女性にとって憧れのウェディングドレスを着用できると言うのは大きな思い出になるのです。男女が夫婦になれば何十年と連れ添う事になりますが、夫婦になったばかりの希望さえ叶えられない場合先々の苦難を乗り越えられない可能性があります。

世間を考える事も大切

日本社会において入籍後に結婚式を行なうのは一般的です。もしも好きな人と結婚する事が決まった場合、親族や友人から挙式について訊ねられるのは当然の事ですよね。その時挙げない理由を説明するのは心苦しいものですから、簡単な式を挙げておくだけでも世間体を考えて価値があるのです。また新郎新婦の両親にとって子供達の結婚式に出席するのが夢だったと言う事もありますので、そうした場合は親孝行と考えて挙式するようにしましょう。

お金の問題をクリアーにする

もしも経済的な問題で結婚式を挙げられない場合、ホテルやゲストハウスを使った豪華な式ではなくレストランウェディングを行なうと良いでしょう。レストランはホテルよりも小規模ですから場所代だけでなく参列者の料理代などを節約できます。また少人数制結婚式を採用する事で本当に親しい参列者だけを招く事ができますので余計な支出が発生しません。一般的に結婚式の費用はご祝儀で大分は返ってきますので、そうした収支を考える事も大切です。

神戸の結婚式場はその土地柄、海が望めるチャペルやホテル等で海外リゾートのような結婚式を挙げる事ができます。